アパレル・雑貨・日用品・通販・店舗什器などの流通・小売に関する物流は大和物流にお任せください。

COLUMN

コラム

SPA:Speciality store retailer of Private Apparel

流通用語として使用される「SPA」について、解説しています。

 

(ヨミ:エスピーエー、スペシャリティー・ストア・リテイラー・オブ・プライベート・アパレル)

 

 

SPAとは

SPAとは、SPA:Speciality store retailer of Private Apparelを略したもので、アパレル業界で自社ブランドを自ら販売する業態のことを指します。製造小売業ともいいます。

 

SPAは、製品の企画・開発、生産、販売、サポートを一貫で提供する業態のことを指しますが、生産については事業者自ら行わず、外部メーカーへの外注によって成立しているケースも多くあります。


アメリカのGAPが、自らの業態を説明する際に用いたことが発端といわれており、代表例としてユニクロ(日本)、ZARA(スペイン)、H&M(スウェーデン)、GAP(アメリカ)などが挙げられます。

 

 

アパレル事業者のSPA化

近年の日本においては、アパレル事業者のSPA化が進んでおり、小売事業者が自社ブランドを立ち上げて企画・製造に展開する小売店発SPAのタイプのほかにも、アパレルメーカーが自社ブランドを立ち上げて小売りに展開するアパレルメーカー発SPAのタイプも存在しています。